熱田護 写真展 500GP フォーミュラ1の記憶

熱田護写真展:500GP フォーミュラ1の記憶
 

2019年のベルギーグランプリでF1取材から500戦を迎えました。

初めてF1を撮影したのは1987年の日本グランプリ。

鈴鹿サーキットのオフィシャル撮影の仕事でした。当時はオートバイのレースを中心に撮影していたので、F1にはほとんど興味がなく、ただ、その人気と熱気の強さに驚いたのを覚えています。本格的にF1の撮影をしたのは1991年からで、91年は6戦取材、92年から全戦取材を開始しました。

振り返ってみれば

F1はNAエンジンからハイブリッドPUへ、写真もフィルムから

デジタルへと大きく変わりました。しかし、現場に行って写真を撮るのだという気持ちに変化はなく、チャンピオンを目指すドライバーのまなざしに変化はありません。

4輪モータースポーツの最高峰Formula Oneの世界、

その時代、自分がベストだと思う機材を担ぎ、レースの展開を予測して行動する。

新しい表現への挑戦と、多くの失敗を繰り返し、

次回こそ、来年こそは・・・もう少し、という思いで撮影を続けてきたら

29年間という月日が積み重なっていました。

時の流れとともに、見ていただければと思います。

 

開催日程 会場
2019年12月19日(木)~2020年2月8日(土)  キヤノンギャラリー S(品川)

 


熱田 護

 

1963年三重県鈴鹿市生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。
85年ヴェガ インターナショナルに入社。坪内隆直氏に師事し、2輪世界GPを転戦。
92年よりフリーランスとしてF1をはじめとするモータースポーツや市販車の撮影を行う。
広告のほか、雑誌「カーグラフィック」(カーグラフィック社)、「Number」(文藝春秋)、「デジタルカメラマガジン」(インプレス)などに作品を発表している。

日本レース写真家協会(JRPA)会員/日本スポーツ写真協会(JSPA)会員

 


2019年12月5日
正会員:写真展
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.